沿革

(2018年7月現在)
明治17年 西尾病院の前身である皇々堂医院(末広町)を開設

昭和28年

 3月

西尾病院を開設 結核病棟29床を含む39床でスタート

昭和61年

 5月

一般病床113床結核病床を廃止

平成3年

 2月 

医療法人香徳会と合併

平成3年

 9月

齊藤雅也院長就任

平成4年

 7月

医療法人星光会西尾病院から医療法人香徳会西尾病院へ名称変更

平成4年

 11月

院内感染防止対策委員会設置

平成6年

 3月

薬剤管理指導業務開始

平成7年

 3月

旭ヶ丘訪問看護ステ−ション開設

平成7年

 4月

病棟クラーク業務開始

平成8年

 7月

現在の場所に関中央病院(136床)、老人保健施設太陽苑開設

病院敷地内に“くるみ託児所”開設

平成8年

 8月

理学療法(U)取得、開始

平成9年

 10月

太陽苑入所者基本施設療養費(U)取得

平成10年

 11月

2.5対1(B)看護取得

平成11年

 2月

旭ヶ丘訪問看護ステ−ション24時間連絡体制開始

平成11年

 5月

グル−プホ−ム“あさひ”開設

2.5対1(A)看護取得

平成11年

 9月

日本医療機能評価認定取得

平成12年

 4月

居宅介護支援事業所“みわ”開設

平成12年

 5月

作業療法(U)取得、開始

平成13年

 4月

5階病棟 医療療養型病床(40床)への変更

平成13年

 7月

旭ヶ丘訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所を関中央病院内に移設

平成13年

 8月

医薬分業開始

平成13年

 12月

オ−ダリングシステム病棟開始

平成14年

 3月

オーダリングシステム外来開始

平成14年

 4月

栄養サポートチーム(NST)稼働

平成15年

 4月

院外SPD導入

平成15年

 5月

療養病棟10床増床 一般病床96床 療養病床50床  計146床

言語聴覚療法(U)開始

居宅介護支援事業所“みわ”を改名し、関中央病院居宅介護支援事業所とする

 

平成15年

 9月

せき健康ふるさと福祉村開設

平成16年

 4月

地域連携室の発足

乳がん健診開始

平成16年

 7月

夜間勤務等看護加算取得

平成17年

 3月

一般病床100床 療養病床50床 計150床

平成18年

 4月

一般病棟入院基本料 10対1 療養病棟入院基本料 25対1

平成18年

 7月

開院10周年記念祝賀会開催

平成19年

 4月

敷地内禁煙開始

平成19年

 5月

FCRマンモグラフィー導入

平成19年

 6月

1.5テスラMRI更新

平成20年

 1月

くるみ保育所開所(新築移転)

平成20年

 9月

亜急性期医療管理加算 3階病棟に4床導入(合計8床のちに4床)

平成20年

 12月

看護支援システムの導入

平成21年

 6月

医用画像診断システム導入

平成22年

 5月

亜急性期医療管理加算 4階病棟に4床導入(合計8床のちに18床)

平成23年

 3月

インドネシア看護師候補生1名 看護師国家試験合格

平成23年

 4月

感染防止対策加算T取得

平成23年

 6月

グループホームあさひ新築移転 18床(2ユニット)へ増床

デイサービス開所(20名)

平成24年

 7月

デジタル透視台(2台)

平成24年

 10月

64列CT導入

平成25年

 7月

開院130周年記念祝賀会開催

平成26年

 7月

日本医療機能評価再認定取得(4回目)

平成26年

 11月

4階病棟 回復期リハビリテーション病棟(50床)へ変更

平成27年

 6月

認知症看護認定看護師合格1名、認定看護管理者合格者が2名となる

平成27年

 7月

休日リハビリテーション提供体制加算(回復期)

平成28年

 2月

岐阜県子育て支援エクセレント企業認定

平成28年

 4月

加藤容子理事長就任
加藤迪彦先生名誉理事長就任

平成28年

 8月

植松孝広院長就任
齊藤雅也名誉院長就任

平成28年

10月

認知症ケアチーム稼働

療養病棟入院基本料1へ変更

平成30年

 3月

3階病棟を地域包括ケア病棟入院基本料1(50床)へ変更

平成30年

 7月

加藤公彦理事長就任
加藤容子顧問就任

認定看護管理者合格者1名合格

当院概要